So-net無料ブログ作成

ゴルフが上達しないのは運動神経が悪いから? [まとめ]

ゴルフが上達しないのは運動神経が悪いから?

ゴルフが上達しないのは、運動神経が悪いからなんでしょうか?

運動神経が全く関係ないとはいいませんが、ゴルフは特殊なスポーツなので、他の球技がまるでダメだった人でも上手になれることがあります。




ゴルフは止まっているボールを打つため、反射神経や素早い動きなどはあまり必要とされませんよね。

プロゴルファーとかシングルプレイヤーを目指すならともかく、100を切るくらいのレベルなら、運動神経が悪くても十分に到達できるはずです。

ゴルフが上手くなるためには、運動神経よりも大切なことがあります。

それは、距離感を掴むことです。

距離感が掴めないと、アプローチも上手くいきませんし、パットも入りません。

ですから、運動神経が悪いからと嘆くよりも、距離感を掴むようにしてください。

そのためには、経験を積んで体で覚えるようにするのが一番ですが、多少の出費を厭わないならレーザー距離計を使うという方法もあります。

運動神経が悪いから上達しないんだと思ってしまうと、本当に上達しなくなってしまうので、気にしないようにしましょう。



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。