So-net無料ブログ作成
検索選択
うつ病 ブログトップ

池上彰氏とマツコ・デラックスで新番組だって [うつ病]

池上彰氏とマツコ・デラックスが新しいニュース番組に出演するそうです。とくにマツコのほうが食傷気味になってきたかな。こういう人はマイナーなところできらりと光る批判するからいいのであって、メジャーになってはいけない人ですよね。池上さんもテレビ引退という話でしたが、結局出てきてしまいましたね。いったんスポットライトを浴びるとやめられないんですかね。ところで、うつ病に漢方薬は効くと思いますか。効いたらいいでしょうね。厳しい治療もなくせんじ薬だけで治ったら、多少苦くてもいいでしょう。ということで考えましょう。うつ病と漢方療法です。うつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は、抗うつ薬を中心に行われますが、漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)も処方される事があるんでしょうか。とはいえ、うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)における漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)はあくまで補助的に使用されるとなっています。漢方薬が処方されるのは、主として、抗うつ薬では取り除けない身体症状の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)や体力の回復、抗うつ薬の副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)の緩和のためなど。?あるうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)は、不眠や全身の倦怠感(自律神経失調や鬱の初期症状で倦怠感を感じることも少なくありません)、食欲不振、自律神経のバランスの乱れなど、心身ともに弱った状態に多々あるのです。そこで登場するのが漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)という事なんです。日記の後に後半を書きます。

続きを読む


東京メトロが21日正午よりほぼ全線で携帯通信可能に [うつ病]

東京メトロで携帯通信が可能になるということです。携帯電話4社とともに、一部区間を除く東京メトロの全線のトンネル内で、21日正午から携帯電話が利用できるようになると発表しました。これで電車の中はみんなスマホですね。それにしても、外に出たときぐらいそういうものから解放されたいと思わないんでしょうかね。
うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)の運動療法に関して、アメリカンデューク大学で行ったうつ治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の研究では、薬を用いての治療より改善効果が期待でき、再発率も極度に少ないという結果が出ていることでしょうね。また、最近の研究で、うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)患者の脳および血液の中には、神経細胞の成長を促進して、情動を制御するたんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)BDNF(脳由来神経栄養因子)が減少しいること、BDNFは運動により増加する事が分かってきました。うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)の運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)療法として取り入れられているのが、水泳やランニング、ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)、エアロビクス、サイクリング、ストレッチ等といった有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)です。有酸素運動は、セロトニンなどといった脳内分泌物の分泌を促進させる効果があって、これが精神にいい影響を与える事もわかっています。後半は日記のあとで。

続きを読む


中国・上海でブタの大量死骸、その真相 [うつ病]

中国・上海黄浦江でブタの大量死骸が見つかり大問題になっていますね。また中国なのって感じがしませんか。ブタは中国国内での主要な食材ということで、食の安全への懸念が広がっているそうですが、病気で死んだ家畜の肉が流通する可能性もあります。だいいち、それだけ大量の廃棄そのものがおかしいですもんね。

ということで、これからしばらくはうつ病について書きますね。鬱病と漢字では書きます。正直なところ、なかなか理解されにくいですよね。見た目でケガとかしてないし、熱が高いとか鼻水が出るとかもないし。そういう意味では診断も克服もすごくむずかしいでしょうね。うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)の原因のひとつに、脳内物質(正常に分泌が行われないと、深刻な不調が起こります)の影響があるんでしょうか。これは、脳内の栄養不足によって、セロトニンやアドレナリンなどといった脳内伝達物質が充分に合成されないので、うつ病を発症するのです。それでは、なぜ脳内物質(カフェインやギャバも脳内物質の一種です)が十分に合成されないのでしょうね?これについては日記のあとに書きます。

続きを読む


うつ病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。