So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍首相のTPP参加表明と吃音について [吃音]

安倍晋三首相は、環太平洋連携協定(TPP)について「交渉に参加する決断をした」と正式に表明しましたね。どうせそんなこったろうと思いました。安倍晋三首相は「今がラストチャンスだ。このチャンスを逃すと世界のルール作りから取り残される」と述べていますが、本当にそうなんでしょうか。ところで、吃音は投薬治療で治ると思いますか。今日はそのへんについてはっきりさせようと思います。人と話を行っている時に、どもりながら話をする方を見た事はないですか?最初の言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)に詰まってしまう、単語(効率よく覚えるためにはそれなりのコツがありますよね)の最初がなかなか出てこない、言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)の端々が聞きとれない。こういう症状は、一般的に吃音と呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。いくら本人が意識しながらゆっくりと話そうとしていても、気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)とは裏腹に言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)が出てこないなんて、何らかの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)だと思われるそうです。風邪(感冒ともいい、西洋医学では「風邪症候群」と呼ぶこともあるようです)や頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)であれば薬を飲んで症状を抑える事も出来ると思いますが、吃音は症候群であるといわれていますが、明確な病気ではありません。

続きを読む


タグ:安倍首相

投薬治療と吃音について [吃音]

投薬治療。病気にもけがにも処方される薬。人間の健康を改善させるためには定番です。では吃音はどうなのでしょうか。吃音自体はけがでも病気でもありません。なぜなら、進むこともないしそれによって命が脅かされるわけでもないからです。しかし、発語について不自由さがあることは確かです。ということで、投薬治療で吃音が治るのかどうかを考えてみます。人と話を行っている時に、どもりながら話をする方を見た事はないですか?最初の言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)に詰まってしまう、単語(効率よく覚えるためにはそれなりのコツがありますよね)の最初がなかなか出てこない、言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)の端々が聞きとれない。こういう症状は、一般的に吃音と呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。いくら本人が意識しながらゆっくりと話そうとしていても、気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)とは裏腹に言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)が出てこないなんて、何らかの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)だと思われるそうです。風邪(感冒ともいい、西洋医学では「風邪症候群」と呼ぶこともあるようです)や頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)であれば薬を飲んで症状を抑える事も出来ると思いますが、吃音は症候群であるといわれていますが、明確な病気ではありません。

続きを読む


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吃音を手術したら? [吃音]

吃音にはやはり手術しかない。そうお考えのアナタ。そういう考え方もあるかもしれません。薬だ体操だというよりも、いっそのこと体の器質構造に物理的に変化を加えるというのは手っ取り早い方法です。しかし、手術で本当に吃音は解決するのでしょうか。今日はそのへんについていってみたいと思います。「吃音」ときくと、訳もなく耳慣れない言葉で、どんな症状かわからない方も多いためは?吃音とは簡単に言うと「どもり」の事をいい、普通の方が喋るようにスラスラと言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)が出てこない症状を指すのです。どんなにゆっくりと話そうとしても最初の言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)が出て来なかったり、途中で言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)がつっかえてしまったりすることは、言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)を発する喉や言語を司っている脳に原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)があるのでは?と思う人もいらっしゃるでしょう。これだけ医学が発達している現代ですから、手術をすれば吃音も克服できると思われるのも無理はありませんね。けれど、国内では吃音治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)に関する医学的治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)や研究がなかなか進んでいないのが現状で、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を行ってくれるプロの人もそれ程多くはありません。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吃音と催眠療法 [吃音]

吃音の改善方法についていろいろ考えてみましたが、催眠療法というのもひとつの方法といわれています。吃音と催眠療法。一見結びつきませんが、考えてみるとそうでもないのです。人間は睡眠中にも様々な体内の変化があります。催眠中にいろいろなことをはたらきかけることでいろいろなことが変わるということは十分にあり得るのです。現時点で日本では吃音の治療法で明確に確立されているような治療法は存在していないのが実状なのではないでしょうか。けれど、催眠療法(海外では博士号があったり、認定制度などがあるそうです)士やセラピストによってはカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)がおこなわれる催眠療法は、吃音の有効な治療法のひとつにあげられているのです。実際、アメリカの医療機関では、吃音治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)でこの催眠療法(施術を行う民間団体の中には、スピリチュアルな概念を取り入れているところもあるでしょう)を広くとり入れた改善事例が多々残されていらっしゃるでしょうね。それではなぜ、吃音が催眠療法(うつ病やあがり症などに効果的だといわれていますが、個人差があります)で改善されてるといわれているためしょう。そもそも吃音は神経症に分類されていて、吃音症(あの田中角栄さんも吃音症を克服したんだそうです)が重症化する要因として本人が、「自分はどもっている」と強く自覚している精神的な緊張にあると認識(柔軟に変化させられることがいいといわれることもあります)されているのです。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

呼吸法を意識したことがありますか [吃音]

呼吸法。健康やダイエットに注目されていますね。どんな呼吸をしても酸素が入ることに変わりはないわけですが、呼吸をする際の何かが影響を与えるのでしょうね。そこで考えてみます。呼吸法と吃音についてです。みなさんは呼吸法によって吃音が改善できると思いますか。そのへんをいってみましょう。私たちが生きて行く為に当たり前のように行っている、「吸う」、「吐く」と言う行為。これが呼吸になるでしょう。この呼吸のやり方1つで、吃音の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が改善されてしまうなんて、信じられないかも知れません。けれど、意識して呼吸をすれね、吃音にとても効果があると言われているなんです。例えば、ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)を思い浮かべてみましょう。ヨガはたいへん深いリラクゼーション効果のある事でも有名ですが、その理由の一つにヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)の呼吸法(腹式呼吸、胸式呼吸の他にも、逆腹式呼吸や片鼻呼吸などがあります)があるんでしょう。この呼吸が、腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)です。私たちが通常行っているのは胸式呼吸かと言って、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)式呼吸だと心身を緊張させる交感神経を刺激してしまい、リラックス出来ない状態といわれているんですね。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

漢方薬は吃音を治せるのか [吃音]

漢方薬といえば、何か神秘的な響きがあります。難病でも飲み続けることで治る可能性があるような感じがします。吃音にも。もちろん、それは少し大げさで、それが現実ならみんな不老長寿になってしまいます。しかし、一定の効果があるからこそ今では病院でも使われているわけです。では漢方薬は吃音に効くのでしょうか。その点についていってみたいと思います。一般的に「漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)」といえね、病院で処方されるような西洋薬に比べて、即効果がなく効き目も弱いという印象があるはずです。けれど、その分、ゆっくりと身体の中から体質改善して、健全な身体へと体調を調整してくれると思いますよ。そんな漢方かといって、実は吃音の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)にも効果を有するになるのです。実際に、「この漢方薬を使うと吃音が治る」という、そのものズバリと言う漢方はないでしょう。ただ、吃音の症状としては人と話をする際の緊張感や不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)感が原因だと言われていますね。これは漢方の世界では、「気」が乱れていると考えられるのです。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吃音はツボ押しで治るの? [吃音]

吃音てご存じですか。同じ言葉が連続して発せられたり、すぐに言葉が出なかったりすること。よく、どもりっていいますよね。あれですよ。吃音の人っていますけど、別にそれで何か病魔が体をむしばむということではないのですが、本人にとっては大変深刻です。ということで、吃音について少しやってみましょうね。その第一弾は、吃音ははツボ押しで治るのか、ということです。ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)押しと聞くと、なんだか肩こり(実は肩だけでなく、首もこっていることがほとんどです)や腰痛といった肉体の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善してくれるようなイメージがないでしょうか?確かに、ツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を押すと肩こり(眼精疲労や更年期障害、冷え性、歯の噛み合わせ、体をしめつける下着などが原因で起こることも少なくありません)や腰痛の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の緩和といわれているんですね。けれど、ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)と言うのは、色んな病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)や身体の悪いところを解消する効果を持つになると思います。当然、不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)や緊張を緩めて精神をリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)させる効果的なツボも存在しているのです。

続きを読む


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。