So-net無料ブログ作成
検索選択
マフラー ブログトップ

マフラー、男性に贈るなら手編みか [マフラー]

マフラーは贈り物として、定番アイテムと言ってもいいと思います。男性とすれば、女性から手編みのマフラーを貰えるのは男冥利に尽きると思いますが、一方では、そのような気持ちがあるのならムラのある手作りよりもブランドものをプレゼントした方がいいのではないか、という考え方もあります。さて、それはどう考えればいいのでしょうか。クリスマスやバレンタインデーで女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が男性に贈るプレゼントの定番と言えば、何と言ってもマフラー(防寒具としての役割だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています)になります。そして、マフラーは編み物のなかにも比較的簡単で、編み物初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)でも手軽で気軽に始める事が出来るので、手編みのマフラー(防寒具としての役割だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています)をプレゼントする女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)も多いと思います。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マフラーの洗濯方法を明らかにしよう [マフラー]

マフラーを使っている方。洗濯はどうしていますか。その方法を今回は明らかにしましょう。今年は厳冬でしたから、マフラーを巻いて外出する日が続いたと思います。かなり汚れが気になるのではないでしょうか。マフラーには、洗濯機もしくは手洗いの絵表示によって選択方法がかわります。汚れに指で洗剤をなじませ、そのままネットに入れて洗濯機の手洗い(ウール)で処理するというのはオーソドックスなやり方ですね。マフラー(秋冬のファッションでは、重要なワンポイントとなるでしょう)は長くて絡まりやすく、デリケートな素材を使用しているものが多いために、洗濯する際は充分に気を付けなければなりません。マフラー(首に巻くことでかなり防寒することができるでしょう)に付いているタグをよくみたら、洗濯の仕方が絵表示されているでしょうね。洗濯機マークや手洗いマークの表示の場合だったら、家庭で洗うことができるでしょう。ドライマークの表示だったらクリーニングに出す方が無難ですが、素材や色落ちに注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)すれば自宅でも洗うことができるでしょう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マフラーの正しい巻き方 [マフラー]

マフラーの正しい巻き方、あるんでしょうかね。両端がたれている「後ろ2本」。その逆の「前2本」。その他、「前後」「ぐるぐる巻き」「前通し」、あとはアントニオ猪木のような「かけるだけ」というのもありますね。要は自分にとって使いやすいものだとは思いますが、もしルールがあるのなら、それも知っておいた方がいいでしょうね。秋冬になると気候もだいぶ涼しくなり、襟元や首回りが少し寒く感じる季節です。そこで活躍するのがマフラー(首に巻くことでかなり防寒することができるでしょう)みたいですよ。マフラーは首元を温かくしてくれるのとともに、冬のファッションアイテム(最近では、ソーシャルゲームなどで課金して購入したり、ユーザー同士で売買したりされることもあるようです)として男女問わず大変人気があります。また、マフラー(巻き方にも色々あり、それによって?象を変えることができるものです)は巻き方1つでガラッと印象が変わるので、巻き方をかえることによってファッションを楽しめます。ここでは、マフラーの定番の巻き方を幾つか紹介します。まず最初に二重巻きで、主に長めのマフラー(巻き方にも色々あり、それによって?象を変えることができるものです)をする事によりきの定番です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マフラーが似合わない人、それを言ったら…… [マフラー]

マフラーが似合わない人っていますよね。まあ、それを言ったらミもフタもないわけですが。一説に言えば、どうしてそのマフラーをしているのか、それがいえる人は似合っているし、それがいえない人はたぶん似合っていないということだと思います。それはいわば心のあり方ですね。では実際にどんなファッションなら似合っていて、どんなファッションだと似合っていてないといえるのか。それについて徹底的にやってみましょう。マフラー(防寒具としての役割だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています)は冬に身につける定番アイテム(商品ラインナップみたいな意味で使われることも多いかもしれません)として男女問わず人気があり、毎年いろいろなデザインのマフラー(首に巻くことでかなり防寒することができるでしょう)が店頭に並びます。首元を温めて寒さをしのぐ機能性は勿論の事、冬のおしゃれアイテム(商品ラインナップみたいな意味で使われることも多いかもしれません)としても重宝され、たくさんの方がマフラー(防寒具としての役割だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています)でおしゃれを楽しみいると思います。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マフラー、30代40代に送るなら? [マフラー]

マフラーの男性人気ランキングと、10代20代に送る場合について前回触れました。今回は、30代40代に送るならどうであるか、ということについて書いてみたいと思います。30台40代ぐらいの男性になってしまったら、ほとんどの方は10代20台の頃にあったブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)への憧れと言う物は落ち着くなのです。見た目の派手さや知名度でファッションを決めるのではなくて、素材や質感を重視した落ち着きのあるファッションをしている方が多いでしょう。特にマフラー(秋冬のファッションでは、重要なワンポイントとなるでしょう)は素材や質感が重視され、ウールよりもカシミヤやアンゴラといった高級素材を使用したものが好まれていらっしゃるでしょうね。また、30代40台の男性は年齢から醸し出される大人(思春期の頃は、ずるい、汚い、ああはなりたくないと思ったりもしますが、気がつくと自分もいつの間にかそうなってしまっていたり)の雰囲気もあり、ブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)を前面に押し出した派手めの物を身につけてしまうとかえって浮いてしまいがちですよね。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マフラーを10代20代男性に送るなら? [マフラー]

マフラーを男性に送るとして、あるサイトではその人気ランキングをやっていました。1位がポール・スミス(Paul Smith)、2位がバーバリー(BURBERRY)、3位がルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、4位がラルフ・ローレン(Ralph Lauren)、5位がオロビアンコ(Orobianco)といいます。もちろんこれは年代によっても変わることと思います。ということで、今回は10代20代に焦点を絞ってみました。10代二十台の若い男性の多くがブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)へのあこがれが強く、財布(お札を折らないでいれられる長いものが金運アップに繋がるんだとか)やベルトなどの小物もヴィトンやグッチなどといったブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)品を身に付けている男性をよく見かけます。その上に、高校生が制服にヴィトンのベルトを着けているなんてこともたまにあるみたいです。ですので、マフラー(巻き方にも色々あり、それによって?象を変えることができるものです)も小物同様、ブランド(入手困難な商品ほど人気が出るなんてこともよくあるもの)面が表にしっかり出たものが好まれるなのです。素材や質感を重視するよりも、見た目が派手でパッと印象に残るようなものが好まれるだと思います。むしろ10代二十代と年齢が若いため、モノトーン(白と黒だけのイメージがありますが、単一色の濃淡での表現も含まれるそうです)で落ち着いたものであるとかえって浮いてしまうようですよ。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
マフラー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。