So-net無料ブログ作成

ランニングすると血圧はどうなる? [ランニング]

ランニングをすると、血圧はどうなると思いますか?ランニングをした時に、心臓の鼓動が速くなるのを感じたことがある人は多いはずです。実は、この心臓の鼓動が速くなるという状態は、体内で心拍量が上がっているということを指し、血液の流れも速くなるために血圧が上昇するのです。



これは、運動をすることで全身の筋肉が血液の量を維持しようとするために起こる体の正常な現象で、ランニングのスピードを上げ、運動量が増えると運動量に伴って血圧もさらに上昇すると考えられています。

そのため、高血圧の方がランニングをする場合には、血圧の上昇に気をつけなくてはいけません。

では、血圧が一気に上がらないようなランニングのやり方はあるのでしょうか?

最近の研究によると、血圧が上がらないランニングのやり方としては、ゆっくりと話をしながら走れるペースでランニングをすると、血圧が下がってくると言われています。

ランニングを日常的に行っている人やマラソンを行う人は、一般の人よりも血圧が低いという報告もあります。

ランニングを続けることで、心臓の機能も鍛えられ、血圧を下げることができるようになるのかもしれません。

ゆっくりと長い時間ランニングを行うことで、高血圧の方もランニングを楽しむことができ、高血圧の改善にもなると言えるのではないでしょうか。

ただし、高血圧で何らかの治療を受けている方は、必ず医師に相談してからランニングを行うようにしてくださいね。



nice!(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。