So-net無料ブログ作成
検索選択

ランニングが体に良い理由とは? [ランニング]

ランニングは体に良いと言われていますよね。ランニングが体に良い理由としては、ランニングが有酸素運動であることが大きく関係しています。人の体は、生きていくために常に呼吸をして酸素を取り込んでおり、肺に送りこまれた新鮮な酸素により、血液を心臓から肺に送りだすことで心肺機能を高めているのです。



人はこの一連の動作により、酸素から大きなエネルギーを生み出すことができ、脳を始めとする各器官や神経、筋肉などを動かしています。

では、酸素を効率的に取りこみ、より心肺機能を上げるにはどうしたらよいのでしょうか?

酸素を効率的に取りこんで心肺機能を上げるためには、酸素を取り込む力を鍛えて酸素摂取量を上げることが必要となります。

そのために有効な方法の一つがランニングなのです。

ランニングは、酸素を取り込みながら運動をする有酸素運動で、運動を行う時にたくさんの酸素を必要とするため、継続してランニングを行うことで、徐々に心肺機能が鍛えられて酸素を摂取する力を高めることができるようになります。

ランニングでは、この他にも四季を感じたり、景色を楽しみながら走ることで、ストレスを解消する効果もあると言われています。

精神的に良い影響を与えるだけでなく、ランニングを日常生活に取り入れることで、規則的な生活をすることができ、体にも良い影響があるはずです。

このように、精神面や体力面、生活面など、色々な面からみても、ランニングは体に良い運動だと言えるのではないでしょうか。



nice!(3) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。